• ホーム
  • 保健所のコンジローマ感染への対処とリンパ節症の治療

保健所のコンジローマ感染への対処とリンパ節症の治療

リンパ節症は一般的には細菌が体の中に侵入することで起きるとされていて、リンパ節のある周辺部位に炎症が起きることで急性の炎症が起きるとされていて、足に傷ができた場合には細菌が足から侵入するので足のつけ根部分のリンパ節がリンパ節症になります。
とくに急性のリンパ節症が起きやすいとされているのは、わきの下や首の部分などで、押すと痛むので自分で確認することができます。
コンジローマは法律で定められた感染症なので、保健所などで無料相談をしていることが多いのですが、自覚症状があまりないので、保健所の広報などで無料カウンセリングや病院の紹介などをしてもコンジローマの感染者の中で検査を受けるのは少数となっています。

性感染症のリスクについて学校などで啓蒙活動をする必要がありますが、性行為などに関する知識が必要なので、積極的には行われていないのが実情です。
保健所で無料相談を受けると検査を受けることができる病院を紹介してもらえるので、性病科や皮膚科などでコンジローマの検査を受けることができます。
コンジローマはウイルス性の感染症なので、治療をしても再発することが多いので、予防することが大切なのですが、コンドームをする以外の予防方法はないので、セックスをするときには必ずコンドームをすることで感染を防ぐことができます。
コンジローマの治療は抗がん剤が含まれている軟膏で行われますが、再発することもあるので、同じ薬を何度も皮膚に塗布しなければならない場合があります。
またコンジローマは通常は良性のイボですが、ごくまれに悪性化するので、その場合には抗がん剤を服用するなどの本格的ながん治療をしなければならないので、経過観察を怠らないようにすることが大切です。